フェリーの旅 小樽⇔舞鶴

小樽→舞鶴 フェリーに乗って

はまなす/あかしあ|船舶紹介|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。

小樽港にて

21:00 小樽港に到着。ちょっと早すぎたかな?店もやってないし、フェリーの内部の案内写真展示してたからゆっくり見学しながら時間つぶし。

c41b68cd.jpg

乗船
今回は車が先で次に人、そしてまた車の順番で乗船でした。乗船の順番は日により異なるようなのでアナウンスはしっかり聞きましょう。

e4bd56da.jpg

 

7a8b35c3.jpg

出港
23:30出港~今回は30分遅れでした。

出港後船内をじっくり見学
レストラン・映画・喫煙ルーム・大浴場など施設は充実しています。

翌日の20:45まで

さて何しよう

まずお風呂(波の荒い日はお風呂は利用できません。)

ゆったりとくつろげました。
時間も遅いしそろそろ寝よう!!!

73b0dc5c.jpg

揺れも少なくよく眠れました。
前に利用した時は個室でしたが今回はちょっとケチってツーリストA

部屋はとても空いていたのでほとんど貸切状態
ツーリストAにしてよかった

個室は揺れが大きいので空いているときはツーリストAはおすすめです。
寝心地悪くないし(熟睡できるほどではありませんが)揺れもない。

私は所かまわずなので、結構ぐっすり眠れました。

日の出が見られなかったのがちょっと残念

船の内部写真もっと撮っておくべきだったか
景色を見たり、本読んだりあまりにも充実していて撮り忘れていました

 

b9696df1.jpg

アナウンス

夕方夕焼けが出るとのアナウンスに誘われてデッキに出てみるとなんと綺麗な
乗客が少なく一番いい場所で写真に収められました。

 

朝・昼・夕 3食きっちり食べました。

映画も見たいと思ったけどタイトルを見て今回はスルー

食事は大満足 1食大体1,000円前後

麺類、カレー、どんぶり、セットものと一揃えあり

かといって迷うほど豊富でもない

このくらいがちょうど良い

ちょっと時間が空いたらまたお風呂

風呂→睡眠→探索→海鑑賞

帰路

帰りの航路はすごい波

23:50発 20:45着 時間は少し早い

楽しみにしていたお風呂が悪天候のため利用できず

寝る→読書→寝る

ひたすら読んで、寝ておりました。
天候次第で時間の使い方も変わりますね。

船に乗るときには暇つぶし道具は忘れずに!

 

IMG_20190322_203858

 

とりあえず最後の一枚は船から降りるときに扉があいた瞬間
ここから車は陸地に向かいます。

船はゆったりと時が流れます。

時間の進み方が違う気がします

たまにはこういう旅もありですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました